全て自分

実践ができない

自分らしくいられない

幸せを感じられない


それらを何かのせいにしていませんか?


生まれ育った環境

今の仕事や家庭、人間関係など

自分を取り巻く何か


私が実践できないのは

家族の誰かしらがいつもお家にいて

1人の環境を持てないから。


私が自分らしくいられないのは

育った環境が辛かったから。


私がチャレンジできないのはお金がないから。


私が自分らしくいられないのは

認めてもらえないから。


私が幸せを感じられないのは

誰かが私をパートナーが大切にしてくれないから。



そんな風に誰かや何か

自分を取り巻く環境のせいにしてしまっていては

今のここに充足感を感じて

自分の中にある幸せを実感するのは難しいかもしれません。


なんでも自分次第だよっとお伝えすると

こんな風に辛いのは自分のせいなのかと

ご自身を責め始める方がいらっしゃいます。


そうじゃない!!


そんな風に捉えてしまうと

自分を責めてしまうのでとっても辛いでしょ?

そうじゃないんです。


今までは自分次第だって知らなかっただけ。

だから、環境を変えようと頑張っていたんです。

お金ができたら幸せになれるかも

パートナーができたら幸せになれるかも

誰かに認められたら幸せになれるかも

健康になったら幸せになれるかも

好きなことを仕事にしたら幸せになれるかもって

頑張ってきたのでしょう。


それをぐるっと反対に!


何かの環境が整ったらって、今ここにないんです。

未来の環境のことだから。

そうすると今ここの自分がお留守になってしまうんです。

そんなお留守な状態の自分で何かを求めて行動しても

そりゃー、物事は動きません。

だってお留守の人はそこにいないんだもん。

そこにいなければ何もできませんよね。


マインドフルネスではこの状態を “doingモード” っと言い表し

何かに向かっている状態を意味します。


これをまるっと見方を変えてみます。

今ここの自分っというのをしっかりと感じてみる。


今命の危機にあるわけでもない

今日お腹を満たすことができる

雨風を凌げるお家に住んでいる

自分のことを心人かけてくれる誰かがいる


そうやってすでにあるものをまずしっかりと感じてみます。

そこに不足を見出すのではなく

あるとこをちゃんと認識してみるのです。

そうすると幸せはそこにあります。


それを感じられるようになってきたら

自分の本当に望むことがわかってきます。


誰彼構わず認めてほしいと思っていたのは

自分が自分を認めていないから。

お金が足りないと思っていたのは

未来への不安があったから。

愛を感じずに育っていたと思っていたのは

自分の中の愛を感じられていなかったから。


全部「自分」が不安先取りして、自分の中に安心感を感じられていなかっただけ。

そこに気がついて、今の自分でい続けてみると

ちゃんと充足感が顕れてきます。

そんな充足感を持って毎日を過ごすから

周りの方がその充足感を持ったあなたといることが心地よくなって

一緒に時間を過ごしたいと感じるようになってきます。

仕事だって、お留守の状態でするのと

ちゃんと向き合ってするのでは、やりがいも成果も変わってくるでしょう。


これが自分軸。

自分として物事を見、受け取るということ。


環境のせいにしていたものが

いつでも、自分として命を現すことができるんだと実感できるようになってきます。


自分軸になろうっと思ったら

ぜひ瞑想の実践や、瞑想的に毎日を過ごしてみてください。

自分の思い込みに気づくことができるようになってきます。

いつでも、自分がそうしようっと思った時から

ぐるっと世界が変わってきます。





 

◉ありのままの自分に戻る時間◉

mindful esalen:お問合せ / ご予約


◉心とからだのバランスをとり戻す◉

cocoyoga:お問合せ / ご予約