信じ切る

コスモフルネスのコミュニティで

1ヶ月の「気づきのシェア」チャレンジをしてみています。

メンバーのみんなと私

気づいたことを言葉にしてみるっというチャレンジです。


私に伝えるためではなく

自分で言葉にして表してみるっということをしています。

それが時には読んだ人の気づきにつながることもあるし

書いた人が言葉にすることで気づきが深まることもあると感じています。


先日の私の気づきのシェアは

自分の内側がなんだか落ち着かなく

ざわざわしているっということを言葉にして表してみました。

多分数日前だったと思うけど

すでにどんなことを書いたのか自分でも覚えていないくらいですが(笑)

ざわついていた感覚は覚えています。


ざわついたり、落ち込んだり、混乱している時って

好転させたくなったりしますよね。

もちろん辛いくらいだったら気分転換して

その感覚から離れたらいいのですが

ちょっと心が育まれてきたら、存分に味わったらいいよねっと思っています。


そして、そんなざわつきをコスモフルネスでシェアしたら

その途端にざわつきは無くなってしまいました。


きっとそこに理由や原因を求めていたら

「ここでシャアするためのざわめきの体験だったんだ!」などと

思考が働いただろうと推測しますが

原因とか理由とかって必要ないよね。

気がつくタイミングの「なにか」があれば気がつくし

別段「なにか」がないといけないわけじゃない。

そんなことどうでもいいんです。

わはははは。


それよりも、どんな感覚であっても

湧いてきたものに不要なものなんてないから

ただただ存分に味わったらいいだけ。

その感覚から離れようとコントロールをしたり

そこから何かを得ようとする必要はありません。


ざわついたり、落ち込んだり、混乱している時

理由を探したりしていませんか?

そうすると本当に気づくべきことに行く前に

思考が理由を作っちゃうよ。

そしてなんとなく納得して

本当に体験したいことを体験しないままになっちゃう。

だから、理由や原因探しから離れてみるのもおすすめです。


「わかった!」っとなったらそこでゴールのような感覚になっちゃうよね。

でもわからないことって早くわかりたい。

難題のようですが「わかった」ら、そこからさらなる探求や体験が

閉ざされてしまうことって多いんじゃないかなー。


「わからない」っということが「不足な自分」や「未熟な自分」として感じていると

「わからない」っという状態をそのままにすることができなくなります。

それは自分の中に無意識のジャッジや評価があるということの表れです。

えへへ。まだ私ジャッジとかしちゃってまーす!

みたいな。笑

それこそが「わかってない」っと表現してるみたいなもんよね。


生きているうちはいつまでもパズル遊びをしているようなものですよ。

だから気軽に。

すぐにわからなくってもいいじゃん。

何をそんなに急ぐのかい?


ただただ、自分の内側を信じ切る

そして外側の世界を信じ切ることができるように

そこにあり続ければ充分だと思っております。





◉ありのままの自分に戻る時間◉

mindful esalen:お問合せ / ご予約


◉心とからだのバランスをとり戻す◉

cocoyoga:お問合せ / ご予約