top of page

2023の抱負

そろそろ皆さんも日常に戻ってこられましたか?

お子さんがいらっしゃるご家庭はもう少し冬休みモードでしょうかね。

子供が巣立って、私もフリーで仕事をしていると

なんだかカレンダーから離れてしまって

曜日までわからなくなりそうになります。笑


さてさて、そそ数年っとういか15年ほど、

年初には「抱負」を決めていました。

初めは思考で、そしてここ数年は感じて「今年は1年を通してここに意識を置いてみよう」っといった感じの抱負です。

抱負と言っても大したことのないもので、

初めの頃は「ありがとう」っと言葉に出すっというところから始まりました。

そして「ありがとうと本当に感じた時にだけ」言葉にするっというものになって言ったり、

あれ?できてなかったなっという時には翌年に持ち越したり、何年かけて深めたり。

年初に決めても、あっという間に忘れてしまう。

でも不思議なことに、夏あたりとかにフッと思い出したり

要所要所で「あっ!」っと気づいたり。

年末には面白いくらいに帳尻があったり、

さらにそれを実践したらからこその気づきがあったりするのです。


そんな楽しい「抱負」なのですが

今年は「もういらない」っという感じがしています。笑

いやいや抱負の面白さ書いておきながら、それ?っ的な。

えへへへ。


なんでもプロセスってあると思うんです。

だから、心が安心したり信頼できたり

その場にくつろぐことができるようになるまでは

抱負であったり、座右の銘だったり、キーワードだったり

お願いだったり、他に何があるだろう‥‥

なんでもいいのですが、こっちですよーっという標識みたいなのがあると

道をずれそうになった時に、おっとっとこっちだ!っと

自分の進もうと決めた道を示してくれる手伝いになると思います。

そして新し習慣として自分に身に付いたら

それを後生大事にする必要もなく

もう自分の通常になるじゃない?


例えは私は「あっ、ありがとう」っという小さな瞬間を逃してしまい

言わないことがあったから

新しい習慣として「小さなありがとうも逃さず、ありがとうを言えるようになりたい」っと

初めての抱負を抱きました。

そして1年やってみたら言いすぎた!笑

本当に感じてないのに「新しい癖」を作ってしまい

ありがとうっと感じる前に言葉にしてしまっていることに気づいたのです。

だから「本当に心がそれを感じた時に言葉にする」っという

またまた新しい習慣を身につけようとしました。

お見事!ちゃんと私の習慣になったので「感じた時に言葉にする」ありがとうは

もう私にとっては当たり前の通常のこと。

だからもう意識的にそれをする必要はありません。


もちろん抱負以外の他にも感じ、大切にしたり間違ったり、またまた実践してみたり

色々とやってきて、今年はもう「抱負」という目印はいらない感じがしたのです。

どこかへ向かおうとする目印はもういらない。

今ここにくつろぐことができるし、全体の流れに委ね、それを信頼している状態で

抱負はあまり意味を持たなくなっているように感じました。

今この瞬間が完璧なんだもん。

きっと次の瞬間も完璧さ!笑


それでも、今道標がある方がいいよねっという時には

抱負ってとってもおすすめ♡


さて、今年のみなさんは抱負立ててみますか?

うふふふふ。






◉ありのままの自分に戻る時間◉

mindful esalen:お問合せ / ご予約


◉心とからだのバランスをとり戻す◉

Bình luận


bottom of page