• Yukari

エサレン 研究所への旅 ご報告


エサレン研究所への旅を終え、セドナに立ち寄り先日帰国しました。 エサレン研究所は噂に聞いていた通り、ただそこにいるだけてよい特別な空気感の場所でした。

東京から、まずはサンフランシスコに到着。 約30年ぶりのサンフランシスコ!笑 お天気もよくって到着早々、街を探検いたしました。 エサレン研究所へは車で長時間の移動となります。 なので、到着日はこちらで1泊。 ご参加いただいたみなさんと夕飯をご一緒し、 今回の旅、みんなはどこでどうやって知ったの? どこから来たの? どんな好奇心があったの? ここから1週間ほどを一緒に過ごす仲間たちを知り、改めて自分が何を求めてエサレンに行くのか。 楽しく前日の夜を一緒に過ごし、不思議な縁がもたらした仲間と安心感を共有しました。

そして翌朝、こんな感じでみんなで出発! 今回は、みんなが快適に移動できるように車をチャーターいたしましたよ。 これで、乗り換えも不要!オヤツを食べながら、遠足気分でいざエサレンへ! っと予定では3時間ほどで到着の予定だったのですが、なんとこの日は大渋滞! 6時間ほどかかって、到着しました。 早めの出発時間に設定しておいて大正解! 大渋滞のお陰でほぼ止まってしまった車からビックサーの絶景を見ては、 みんなでわーわーっと写真をとったり楽しい時間となりました。 聞くと、この日エサレン研究所に到着した人はみんな同じ大渋滞に巻き込まれて 大幅に到着時間が遅れてしまったとここと。 みんな、長旅お疲れさまです!

さてさて、運転手さんも初めて来たというエサレン 研究所。 この辺なんだけどなー。ないなーっ。ないなーっ。 みんなで看板を探せーっっとバックヤード付近を車でうろうろ。 あった! エサレン行きを検討したことがある人なら必ず目にするこの看板。 ありましたよーーー! みんなのテンションも一気に上がります。 運転手さん長時間の運転ありがとー! 気をつけて帰ってね!っとお礼を告げたらすぐにオフィスへ。 簡単な研究所内の説明を私たちグループ向けにしていただきました。 大きな大きな施設内。きっとこれで迷子になることもなかろうと 日本語の地図とお部屋の鍵を受け取り、それぞれのお部屋へ。 みんなドキドキ。そしてワクワクもマックスです! 夕飯の時間までそれぞれの時間を過ごして、研究所で過ごすためのオリエンテーションを受け、 初めてのクラスへ! 今回はアシスタントを務める私と相棒しんのすけ君を含めた私たちグループ10名と、 その他アメリカ各地やイギリスからの参加者16名。 なかなかの大所帯です。

なので、大きなクラスルームを使うことになりました。波の音が聞こえるとても気持ちのよいスペースです。

写真はまだ日が高い、日中のクラスルームの中。 夜のクラスで集まれるように、みんなの席が用意されておりました。 初日は、自己紹介などを行い明日からのクラス内容やスケジュールの確認などをしたら あっという間に10時です。 温泉に入りに行く人。 ダイナーに戻りWi-Fiを繋げてみる人。 お部屋に戻ってゆっくりする人。 みんなそれぞれの時間を過ごしました。 我々日本人グループの中には時差ボケや慣れない環境でなかなか寝付けない人もいたみたい。 私はというと、謎の寝言を言いルームメイトに謎を残しながらもしっかり寝ました!笑

さて、翌日からはクラスが本格的に始まります。 そちらはまた次回に!


© 2015 by Coco Yoga. Proudly created with Wix.com