• cocoyogayukari

誰と....が大切

雨の季節がやってきておりますねー。

ちょっと前のお話です。


何かにつけて最近脳波ブームの私です。

目に見えないものが脳波という形で目に見えるってとっても面白い。

色々と実験をしてしは遊んでおります。

お付き合いをいただくプロフェッショナルもそんな遊び心を持って

楽しそうに、あーだこーだと取った脳波データを見ては見方を教えてくださいます。

もう心から感謝です!


さて、今回の実験は誰と一緒にプラクティスをするかが大切っというもの。


これは瞑想の実践だけじゃなくって、

エサレンも誰に触れてもらうかって大切っということでもあります。

伝え手、触れ手としては、自分のあり方を整えておくことが大切ですよっということ。

なんなら、それがクラスやセッションの9割以上をしめるっと思っています。

クラスに参加する場合や受け手としては、誰にガイドしてもらうか

体を委ねるかっということ。


その佇まいがどんな意識状態であるかって

ご一緒してるだけで影響がとっても大きいのです。

っというのを前々から感じていたのですが、それを脳波で「やっぱり!」と

目で見て確認してきました。


実験方法はこんな感じ

被験者は目を閉じ、1人で瞑想を始めます。

そしてその方は目を閉じているので、いつから私が瞑想をご一緒するかわからない状態。

その状態で、脳波を取ってくださっている方の合図と共に私が意識状態を保ちながら

瞑想をご一緒します。


1人で実践しているのと、私がご一緒した時の脳波の違いを見てみました。


結果:

今回被験者になってくださった方は、素晴らしい実践者なので1人でも十分に脳のリラックス状態であるアルファー波が出ていて、緊張状態のベータ波は落ち着いた状態でした。

そこで私がご一緒しましたら、ガラッと脳波に影響が!

私は被験者の左側に座っていたのですが、左脳のアルファー波が

さらにぐんっと上がったのです!

もう、見てすぐわかるくらいの変化でした。

今回は短い時間しかできなかったので、右脳までその変化が起こるまではいかなかったのですが、きっと続けていたら右脳も変化をしたと思います。


脳波、波動、波長......

いろんな表現方法がありますが、どれも波っという漢字が使われている通り

波のように伝わっていくんだと思っています。

なので私が座っている左側が変化を起こしやすかった。

波が伝わる十分な時間があれば、それが伝わってなんならお部屋全体が

その波の波長の影響を受けます。

そしてそれは、リアルでもオンラインでも変わらないんです。


これは日常生活でも一緒。

誰と時間を過ごすか。

心の波が荒立つようなことばかり話していたり、考えていると自分も周りの人にも

その影響が伝わるよっということです。

荒れた場所にばかり入り浸っていたら、それも自分に影響を与えるでしょう。

そう考えると、お部屋を整えるのもやっぱり大切です。


よく、クラスや講座で瞑想すると深く気づきがあるのだけど

自分でやっていても同じようにいかない。

講座が終わって数ヶ月経つと、なんだか今までのように瞑想できないっと伺います。

これだったんだよねーっと納得しました。


でも安心してください。

初心者の間、慣れない間は自分での実践を続けながら

迷子になってしまう前に、誰かに底上げしてもらって深い瞑想の体験を繰り返すことで

その体験が自分のものになり、助けがいらなくなってくるんです。

それでもなんだか瞑想がわからなくなってきた

心が不安定になりそうだっとなったら、その感覚不安定な感覚を繰り返してしまう前に

底上げヘルプが大切。

体と一緒。

疲れがたまらないようにケアしていたら、疲れが溜まり辛いけど

起き上がれないくらい疲れが溜まってしまったら体力の底上げって大変になるでしょ?

体力の底上げができてきたら、自分でケアできる程度の疲れだけど

体力ななくなりきったら、自分じゃどうしようもない。



誰かの底上げ、必要になったらいつでもご一緒いたしましょう!


そして私はまた目に見えないものを見れる脳波遊びをしてきますね✨

何かを見つけたらこちらでご報告いたします!





写真は少し前の脳波遊びの一コマ。

私が被験者になっているところ。


脳波って面白いくらいに丸裸!

ありのままに見れるっというのが

お気に入りなのです。







◉ありのままの自分に戻る時間◉

mindful esalen:お問合せ / ご予約


◉心とからだのバランスをとり戻す◉

cocoyoga:お問合せ / ご予約