自然のままで

以前話題になった書籍に書かれていた

猿と人間、3択問題の正解率のお話

読んだり聞いたりしたことありますか?


ここにランダムな12問の3択問題があります。

人間と猿、どちらが正解率が上でしょう?っというものです。


正解は猿!

猿さま、すごい!


猿の正解率は3割。

3択ですものね。

確率として3分の1、3.33333っとなるのでまさに数字の通りの結果。


では人間はどうでしょう?

面白いことに高学歴やジャーナリストなどたくさんの情報を

知識として持っている人ほど、正解率が下がってしまうというのです。

なんと平均して正解できたのは、たったの2問。

っということは1割6分っといったところでしょうか?

猿に完敗ですね。わはははは。


「人間の思い込みの強さは想像以上で その思い込みにより世界をありのままに見れない」っということが書かれているこの書籍。


自分フィルターっというまでもなく

思考の材料として蓄えられた情報が邪魔をしてしまって

書籍の中では「適当にバナナを拾うチンパンジー(正解率3分の1)のほうが勝つ」

っと書かれています。


ハッと思いついたこと

でもそれを行動にする前に、気もつかない間にあれこれと思考が動いて


こんなことをしたって、どうせ.....

こんなことをしたらどんな風に思われるか.....

自分には不相応.....

失敗するかもしれない.....

もしも条件が揃っていたらできたかも......


などなどそれをそのまま行動できないことってありますよね。

その思考!

それが邪魔してしまっているんです。

ハッと思って、そのまま選ぶ猿と

ハッと思ってから、間違えないようにとあれこれ情報を総動員したり

誰かの反応を気にしていると

シンプルに選択できなくなっちゃう。



お釈迦さまは「自然のままに生きなさい」っと言われたといいます。

ハッと思ったら手を伸ばしてバナナを拾えばいい。

拾ったバナナが美味しかったら食べたらいい。

拾ったバナナが腐っていたら、捨てればいい。


ハッと思っても手を伸ばさないであれこれ考えている間に

美味しい熟れ時のバナナもどんどん腐っていってしまう。


今、自分に現れたものをそのまま受け入れてみる。

それが内側に起こる、思考であっても、感情であっても、直感であっても

外側に起こる、出来事、担える役割であっても、自然のままに任せてみよう。


夜暗くなったら眠って、朝明るくなったら起きるように。

夏・暑くなったら薄着になって、冬・寒くなったらたくさん着込むように。


夜になっても、ガンガン明かるくして昼のように過ごすからホルモンバランスも崩れるし、

明るくなっているのにカーテン締め切ってるから、昼間にやる気が出ない。

夏に上着が必要ならい冷やすから汗がかけなくて、自律神経を乱してしまうし

冬に半袖で過ごせるくらいにお部屋を暖めてるから、体の機能が低下してしまう。


情報を頼りにしたり

誰かの常識を大切にしたりし過ぎないでアウェア(意識的)でいよう!


大丈夫。

なーんにも考えないで適当にバナナを拾っても、3割正解!

んでもって、間違えないように損しないようにってあれこれ考えるから

正解率が下がってしまう。


思考から離れた方が良さそうでしょ?笑

そして意識的にいられれば

適当にバナナ拾うより、バナナの香りや色、虫がついているか

今自分のお腹は空いているかなど、ちゃんと今に気づいていれば

自分に必要な時に美味しいバナナが拾えるはず。


自然に任せてみよう。





◉ありのままの自分に戻る時間◉

mindful esalen:お問合せ / ご予約


◉心とからだのバランスをとり戻す◉

cocoyoga:お問合せ / ご予約