top of page

自分 “白紙化” のススメ

皆さま、大掃除はいかがですか?

大掃除、する人もいるし、しない人もいる。

人によって好みはそれぞれ。そんなものです。笑


きっかけがあると、「よーしやるぞー」という気になるくらいが

肩に力も入らないでいいのかもしれません。


さて、そんな大掃除ですが、

昨夜の瞑想ライブ配信では、呼吸瞑想の前にマインドのお掃除をしました。

お部屋だけじゃなくって、マインドも知らない間に埃のような考えや価値観が溜まってしまうと、それがあるのが通常になってしまい、埃だらけ、散らかりっぱなしに気がつけなくなってしまいます。


なので、マインドも定期的にお掃除できるといいですよね。

毎日瞑想を実践するのの良いところは、そんな風に埃が溜まったり散らかってきたら

気が付きやすところではないでしょうか。


お部屋の埃もマインドの埃も一緒で、時間が経つとこびりついて剥がれずらくなってしまいます。そうすると、お掃除するのにも時間と労力が必要になってしまうものね。

いつでも小掃除!

汚れや違和感に気づけるようでいたいものです。


さて、昨日の配信で行った ”マインドのお掃除” 、やり方はとても簡単です。

まず初めに「自分」とは「こういう人」という自分をキャラクターとして見ている要素をポイっとしていきます。


例えば私の場合

私とは....

・女性 ・大阪出身 ・51歳 ・母 ・娘 ・同居人 ・姑 ・東京在住 

・ヨガ先生 ・瞑想を伝えている ・エサレンプラクティショナー

などなど、私という自分を形作っている、または形容する時に言葉にして表すものをまずはポイっと建物の外に放り投げていくような感じです。


これは、自分という枠組みから離れてみる、社会的に担っていると思っている役割から離れて、自分を軽やかに保ってくれるのにとても役に立ちます。


私たちは「そんなものに左右されない」と思っていても、知らない間に「社会的な役割」を自分に課していたりします。

「母なのだからこうでなくてはいけない」、「娘なのだから親に対してこうでなくてはいけない」などの自分でも気が付かない何かを自分に課してしまったりします。

そしてそれを当たり前だと思い込んでしまったりもします。


それが、自分が1人の人として心からそうしたいと感じているのか、それとも社会的役割としてそれが「当たり前」だからやるのが「当たり前」だと思い込んでしまっているのかが曖昧になり、自分の選択がなく、選択の余地がないように感じてしまうのです。


だからこその、キャラクター白紙化です。


そして、「自分」というキャラクターを白紙化できたら、今度は自分に「とってこれこそは大切!」と思っているものをポイっとしてきます。


例えば、

・家族(1人ずつ名前と共に) ・ペット(1匹ずつ名前と共に) ・仲間(家族同様) ・友人(家族同様) ・住居 ・仕事 ・趣味 ・貯蓄 ・資産 ・肩書き ・持ち物(お気に入りを一つずつ)


と言った具合になるべく具体的に思い浮かべながら、建物の外にポイっとしてみます。

自分にとって何が「安心」につながっているのか、「不安」の元になっているのかが、心の反応を通して気づくことができるようになってくるおすすめのワークです。


これがあるから幸せになれるんだという思い込み、これがないと幸せになれないという思い込みに繋がる、長年刷り込まれた価値観を白紙化していくことで、本当の意味での自分にとっての「幸せ」とは何か、という気づきにもつながり、誰かが決めた「幸せ」という基準から自由になる助けになってくれます。



2つのワークをしている時に、心に反応ができことがあります。

例えば、それがなくなってしまうと自分のアイデンティ アイデンティティを失ってしまうような感覚や、それを捨ててしまうことへの不安、恐れなど。

その感覚に繊細に気づくようにしてみますが、しがみつかずに、詮索せずに、そして無理をしないようにしておきます。

「手放したくない」という感覚が湧いてきたものに対しては、2−3回チャレンジしてみて、まだ違和感があっても、その違和感に気づいていられればそれでOK。無理に手放せるまで続ける必要はありません。「あー、これはまだ手放したくないのね」とその感覚を迎え入れ、次にいきます。


「手放したくない」という感覚が湧くということは、そこに執着や、依存があるということでもあります。それに気がつけただけでも、大きな気づきです。


私たちは知らない間に、幸せでいるためには「こうあるべき」というものを自分に課していたりします。それに沿っているとそれから逸れないように、沿っていないとそうなるようにと、無意識下で自分をせき立ててしまったりします。

それが、ボディブローのように自分を疲弊させてしまうことってよくあるんです。


そんな「こうあるべき」から自由になる。

それだけで、気の垂れ流しのような状態がストップしてくれます。

気が垂れ流されてしまわないので、今を感じやすく、今を生きやすくしてくれるのだと思うのです。


たかが言葉、されど言葉


言葉というものには、概念がくっついていて、その概念は大きく私たちに影響を与えます。

だからこそ、言葉を使ってマインドをお掃除してみる。


お部屋のお掃除が済んだら(すまなくても!笑)ぜひマインドも大掃除をして

すっきりと新しく清々しいマインドで新年を迎えて参りましょう!






◉ありのままの自分に戻る時間◉

mindful esalen:お問合せ / ご予約


◉心とからだのバランスをとり戻す◉


Comments


bottom of page