top of page

自分に戻ることの大切さ

両親と手動瞑想を続いけております。

親ってとっても近しい存在じゃない?

だからこそ、気をつけていても同化しやすい。

それでなくても、私は感覚が繊細で

言葉で以外のものに反応し、なんならそれが体に入ってきやすいんです。


セッションをしていても

相手の体の不調を自分の体で感じてしまったり

きっとご本人が感じられないような感情までが流れ込んできてしまったりと....

ほんと、境界線を大切にしております。


さてさて、そんな私が両親というとっても近しい存在と毎日瞑想を一緒にしていると

気をつけているつもりでも同化が起こっておりました。

はー。しんどい!

下瞼の痙攣が毎日続き、これは何かなーっと好奇心を向けておりましたが、

段々と心まで苦しくなって、呼吸がしづらくなってまいりました。


そんな時ほど忙しくって....

とほほほ。

まだまだ気づき、育まれる余白がたっぷりでございます。


さて、そんなこんなで今日は朝から午後の時間まで待望の空白時間!

待ってましたーーーー!

丁寧にお家の中を掃除して、じっくりと心ゆくまで瞑想しました。

素敵だわー!

必要だわー!この時間!!

戻ってきたよ、自分自身に!!!

おかえりー私♪


今回、同化が起こってしまったのは父ではなく、母。

母のいい人でいようっというエネルギーがまんまと私に同化して

まるで自分のものかのようになってしまい

そのエネルギーは「ありのままの自分」っというものではないので

ハートがすっかりと閉じてしまって

その閉じた感覚が私と馴染まず、苦しくなっている状態でした。


やれやれ。

しかと自分に戻ってくるといつものようにハートが開き

呼吸が心地よく入ってくるようになりました。


これは、別に母が至らないとか、いけないとかっということではなく

自分と違う “あり方” に違和感があり

私自身と馴染まないことで起こった息苦しさ。

そして改めて、自分に戻ってきたら明確になったのが

「ごまかすことって、もういらないなのよー」です。笑


私以外の人が、いくら誤魔化していてもいいんです。

だって私じゃないんだもん。

だから、母は母のままでいい。

でも私はもうそれはやらない。

ただそれだけのこと。


私は誤魔化さない。

真っ直ぐ、ありのままの自分でいる。


それが明確になったのは、今回の同化があったからこそ。

なんでも経験です。


以前、境界線って自分と他の人の間にあるラインや溝のような

それが立体になったもののようなそんな感覚があったのです。

それが先月くらいかな?

その感覚が変化して、もう惑星と惑星の間くらい広い

なんなら、違う銀河と銀河くらいのスペースがあって、

もっというなら、違う宇宙くらいの境界線。

私には私の宇宙、あなたにはあなたの宇宙っというくらいの

別のものだから混じりようがないと感じていたのに、起こった今回の同化。

いやーん!面白い!


さて、エサレンの準備をします。





◉ありのままの自分に戻る時間◉

mindful esalen:お問合せ / ご予約

◉心とからだのバランスをとり戻す◉

Hozzászólások


bottom of page