top of page

私にできること

私が私の心を平和に保ち、慈しみを持って周りの人と接する。

もっと大きく表現すると、身の回りの世界にその慈しみを届ける。

なんだかスピっぽく表現すると、純粋なバイブレーションを広げる。笑


どんな表現でも実は同じなのですが

人によって怪しく聞こえたり、あまりにも小さなことに聞こえたりするかもしれない。

なのでいろんな表現をついつい使ってしまうのですが

心がけていることは実はひとつで、

自分らしく、無条件の愛を大切にして過ごすことが

誰かにそれを感じてもらうきっかけになるかもしれないっと思っております。


そして、私がそれを大切にすることで

自分もそうしてみようっという人が1人でもできたら

その人の周りでもそんな人が現れるかもしれない。


東京の端っこで何か大きな団体に属することもなく

1人でコツコツと行っているのは小さなことかもしれないけれど

きっと世界のいろんなところで同じようにされていらっしゃる方もいるはず。


そうやってそれぞれができることをコツコツすること

それが、今私が生きているこの場所をきっと良い場所にすることに貢献できるんじゃないかっと結構本気で感じております。


そしてそんな人が増えることが

日本を良い場所にするんじゃないか

それが世界のあちこちで起こることで世界が慈悲に満ちた素敵な世界になるんじゃないか

っと思っているんです。


なんじゃそりゃ?っとなっちゃいますよね。笑


反対のことを例にするとわかりやすいかと思うので、ちょっと試しに!


例えば、誰かと会うたびに誰かの悪口ばかり言い合っていたら

きっと無意識のうちに「悪口」の材料を探してしまいます。

不平ばかりを言い合っていたら、「不平」の種を探してしまいます。

そしてそれらを言い合うことに快楽を感じ繰り返してしまいます。


物事はいろんな見方ができるから、

いつどんな場合でも「悪口」や「不平」の材料になりうるんです。

そしてそれを繰り返していると、あたかも現実が悪いもので

困った世界なんだと思い込み、

自分のいる世界を攻めてしまい、信じられなくなる。

だから、隣に住んでいる人のせいにしてしまったり

誰かが悪者に見えてくる。

それが国同士になると、戦争になったり、

同じ国の中でも自分と異なる要素を持った人を悪人に仕立て上げてしまうと思うんです。


信じられない相手から、自分を守らなきゃいけない。

自分の持っているものを奪われないようにしなければいけない。

そして監視し合い、脅し合い、相手も同じだろうと怯え合う。


これって平和になりようがないでしょ?


だからこそ、東京の端っこのどこの誰でもないちっぽけな私にできるのは

自分をまず信じられるように心を整えておくこと。

そしてその信頼を自分の周りに自然と届くように

自分らしく生きること。

誰かに慈しみを届ける余裕を持っていること。


これが私にできる世界平和への道なんじゃないかっと

そんな風に捉えているのです。


だからこそのボディワークだったり、マインドフルネスのコースだったり

そんな仲間と自分を育み合うコスモフルネスだったりです。


この世界は枯葉一枚ないだけで全然世界が違ってくるっという話を

聞いたことはありますか?

そこにお日さまが当たるからの空気の流れ、その流れがあるからのお天気、

そのお天気があるからの植物の育成、それがあるからの......っと

小さな葉っぱ、それも枯葉でさえも世界に影響を与えるっという感じのお話です。


マクロとミクロのものを見る目、両方を大切にしていたいなーっと感じております。


今日は私の世界平和への貢献について!笑

でございました。

ぜひ皆さまも!

えへへへ。





◉ありのままの自分に戻る時間◉

mindful esalen:お問合せ / ご予約


◉心とからだのバランスをとり戻す◉

bottom of page