top of page

気づきは自分次第

更新日:2 日前

お休みをいただくと、前後はご予約の調整でどうしても詰め込みスケジュールになりがちです。帰ってきて約1週間、いつものペースになりつつあります。

待ってくださる皆さまのおかげでございます。

ありがたやー!


さてさて、今回は友人に会いにマレーシアのクアラルンプールに行ってまいりました。

マレーシアは息子が小さい時に島に遊びに行ったことがあるくらい。友人が移住していなかったらきっとご縁のなかった土地です。


行ってみてわかったこと。

それは日の出の時間が遅い!ということ。笑

いや、行ってみないと知らないことってこんな風に小さなことだったりするのだと思うのです。でも、それが行ってみるからこそ感じられることだったりでもあるよね。

朝7時になってようやくうっすら明るくなってくるような感じ。勝手なイメージで南国って明るいイメージだったので、結構驚きだったのです。

友人曰く、赤道に近いと日の出から日の入りは正午を中心に同じ時間くらいなるのだとか。日の入りが19時頃ということは、日の出も7時くらいということ。

そんな常識を全く知りませんでした。

えへへへ。


到着した日のマッサージはタイ。街スパと呼ばれるグレードの彼女のおすすめのスパにて、移動の疲れをサクッとチューニングいたしました。

やっぱりマッサージってすごいよね!

体の疲労って心に響くと思うのです。

思い描いてください。体が疲れていると、「あれ取ってー」などという日常の中で起こりがちなコミュニケーションも、いつもなら「いいよー」と言える場面が、「自分でやったら?」と余裕がなくなることありませんか?

そんな風に、心がギュッとなってしまう。特にいつも一緒に暮らしている人でなければ、心の余裕のなさが、下手な気遣いになってしまって、円滑なコミュニケーションもギスギスしてしまったりするものです。

それが、一緒に心地の良いマッサージを受けたりしたら、もう!「気持ちよかったねー!」とそれだけで笑顔になって、コミュニケーションが柔らかくなっちゃう。

そして、そんなスパに連れて行ってくれた人に感謝もしちゃうし、受け取ってくれた人にもうれしーとなっちゃう。喜びスパイラルが生まれちゃうのです。

楽しむって素敵!


そして、次の日はインド人街のアーユルヴェーダのクリニックへ。

ここのオイル、最高でした!アーユルヴェーダはオイルが命!まな板の上で塩を刷り込まれるきゅうりのごとく、オイルを刷り込むアーユルヴェーダの施術。

アビアンがだけでなく、シロダーラもつけたので、まさに髪の毛の先からつま先までオイルまみれ。そのまま2時間は洗い流さないのがアーユルヴェーダ。そして、油まみれの髪と体で帰されるのが、海外の定番。笑

なぜか、受付でヨガ哲学の話になり、ボディとマインドとスピリットの話に花がさく。

日常の中に、そんな話がお茶菓子の用に出てくるなんて、素敵です。


食事もローカルな場所からちょっとエレガントな場所まで、いろんな場所に連れて行ってもらったり、スパイスやオイルなどお買い物も堪能したし、大好きなmuslimのモスクにも博物館にも行って目にも栄養を与えてもらいました。


あれ? 旅の全部を書いていると、日が変わってしまいそうではありませんか。

マッサージやオイルの力をちょっと書けたら、私の気もすみまして...。気づきのお話に戻ります。えへへ。


どこへ行っても、私たちはずーっと話しておりました。

今回のトピックは「コンプレックス」だったり、「こだわり」だったり。自分たちの体験や、今まで人と触れ合った中で気づいたこと。今の自分たちのそれらへの理解。自分の中にあるものから、誰かの中にあるものへの向き合い方。


話題が変わってもなぜかそこに戻ってくる。

真剣に意見や解釈を交わす時もあれば、大笑いの中にこそ気づく何かがある時もある。


今の私の中に困ってしまうような「コンプレックス」はないけれど、それがもたらす苦しみはボディワークでも、マインドフルネスでも、何らかの形で巡り合う方の中にみることがあります。

私の中にないからこそ、今の自分としての理解を確認しておけたことはとっても大きな意味があったと思うのです。

そして、自分の中にみることのできない「こだわり」もそう。人は誰1人として同じ経験はしていません。受け取り方だって人それぞれ、それをどう尊重し、どう慈しみを向け、それでもその人からその経験を奪い取ってしまわないでいられるか。

そのバランスにとっての大きなヒントをいただいた気がしています。


瞬間瞬間、自分の心の動きや、体の反応に気づきが伴ってくると、日常はたくさんのヒントが散らばっている。

それは、自分を責めるためではなく、誰かを戒めるためでもなく、原因を追求するためでもなく、大いなる智慧をそのまま感じることができるヒントなのだと思うのです。


美味しいものと、美しいものと、素敵なセッションに埋め尽くされた旅の中の宝物のような気づき。

ありがたい旅でございましたー。


写真はとっても面白かったイスラム博物館





とっても興味深いものがたくさんだったのです。




◉ありのままの自分に戻る時間◉

mindful esalen:お問合せ / ご予約


◉心とからだのバランスをとり戻す◉

Comments


bottom of page