我慢って必要なくなるよね

更新日:2021年10月20日

最近クラスやセッションで

不調を感じられている方や

体調を崩してしまっている方など

ちょっと増えている感じがします。


みなさんはいかがでしょうか?


みなさん、今は元気なんですけどねっと付け加えられますが

よくよくお話を伺うと

少しづつの我慢が積み重なっているような感じを受け取ります。


少しづつの我慢。

大人だもん、我慢しなきゃねっとか

しかたないよねっというのが積もり積もっていませんか?


でもそれ、必要な我慢かしら?


わがままになってもいいよっということではありません。

我慢すら感じる必要ないようになればいいよねっということ。


大体の我慢って自分以外のところに生じています。


・誰々が自分の正しいと信じていることを受け入れてくれない

⇨心配が過剰になってしまう

・思うように物事が進まない

⇨ジレンマやストレスを感じる


まずは心配過剰から。

心配って優しさから来ていると思っていませんか?

心配って実は信じられていないっということの裏返しなんです。

この人は大丈夫っと信じられていたら

心配なんて必要ありませんよね。

でも信じられていないから心配するんです。

こうやって心配されることが普通になってしまうと

その人は「自分は心配される人なんだ」っと感じてしまいます。

心配される人⇨信用してもらう価値がない人

っという風にその人も自分に信頼ができなくなってしまう。

自分に信頼ができなくなってしまったら

その人はその人らしさを存分に発揮して毎日を過ごせなくなってしまいます。


だから心配って実は足を引っ張る行為なんです。


大丈夫。

あなたのこと・あなたの決断を信頼しているよっと

大きな心で見守れるようになると

その人も、ちゃんと見守っていてくれる人がいるから力強い。

そして、いつでも必要な時はここにいるからねっと

自分の心のドアを開けておいてあげられれば

心配なんかしなくても

困ったことがあればいつでもあなたの所にやってきてくれます。


もちろん自分のことだって信じられていないと

自分の将来を心配しちゃいます。

自分に対しても同じ。

自分が失敗しても大丈夫。

自分が自分を責めないで

ちゃんと自分が見守っているからっと大きな心で

受け止めることができるようになってきます。


失敗ってただの経験。

それを通り過ぎるからまた新しい何かを受け取ることができるのです。



続いてジレンマ。

自分にとって1つしか幸せや安心できるチョイスがないと思っていると

その通りにならなかった時にジレンマを感じてしまったり

焦りを感じてしまったりしますよね。

でも、もっと大きな視野を持つことができると

あれもこれも選択がたくさんあることに気がつけます。

それでなくてはいけないなんてこと全然ないんです。

そうっ柔軟性。

それができないならこれもあるねっという柔軟性は

心の視野を大きく持つとどんどん見えてくるようになります。


それを自分を誤魔化してしまうのではなく

自然と見えてくるようにするには、やはり心を育むこと。


誤魔化すっということを繰り返しちゃうと

結局自分が気がつくことができない

潜在的な所にその願いを押し込めてしまっているだけになってしまうから

注意をしていたいところなのです。


もしまだ心の大きな視野が育っていなかったら

無理をして自分を言い負かすのではなく

ちゃんと自分の心の奥深くの願いに気づく。

そしてそれをちゃんと受け止めるところから初めてみるのを

おすすめしますよ。

大丈夫。

小さい子の駄々と一緒。

ちゃんと受け止めてもらえると願いって

ちょっと緩んで、まーB案って手もあるかーっとなってくるものなのです。



ストレス自体、感じちゃいけないものじゃない。

そこには自分の願いがあるっということを知ってみると

あー。こんな風であって欲しいと望んでいるんだなっと理解して

大切にしたい事や人をもっと大きな心で大切にできるようになってきます。


一緒に大きな心を育んでまいりましょう!

えへへへへ。




 

◉ありのままの自分に戻る時間◉

mindful esalen:お問合せ / ご予約


◉心とからだのバランスをとり戻す◉

cocoyoga:お問合せ / ご予約