意識の変化


触れる時、瞑想のガイドをする時

意識の持ち方が変わってきています。


エサレンを学んだ始めの頃は

触れるっと言うことや

エサレンらしさに意識がいってしまっていていました。

一生懸命な状態ってやつですね。


そこから、自分の内側で受け取るっということに

意識が向くように変化しました。

目を閉じてセッションしている時間が長かったように思います。


ジャッジをするのではなく

自分の内側を通して、受け手を感じていくっといった感じです。



そして、肉にいきました!笑

体へのアプローチ、筋膜など

もちろん強い揉み解しではありませんが

深い圧や体の疲れなどを意識することが増え

そこからロングストロークっといった感じでしょうか。


そしてそれらを通って今

今年になってからの変化ですが

そのままそこに意識を開くっといった感じに変わりました。


もちろんオイルトリートメントなので

骨も肉も感じますが

それよりも意識を開いて触れる

ハートをそのままそこに開くっと言った感じです。

その頃に瞑想のクラスでのガイドも同じように

意識を開いてハートを開いてそこに在るっというのを意識するようになってきました。

以前と違うのは目も開いている!笑


内側に入ることもなく

もちろん受け手に意識が入ることも無くなってきました。


軽いんですよー。

そして、この状態が今はしっくりきています。


受け手の方の反応を見ていても

すごく深くにアプローチしている感じがします。

がっ!

面白いことに

それぞれがその方の日常の意識の層で受け取られている感じ。

だからセッションが鏡のようだなーっと感じて

楽しんでおります。


興味ってどこに向かうか、大切ですね。


(マニアックな内容で失礼しまし!わははは)








 

◉ありのままの自分に戻る時間◉

mindful esalen:お問合せ / ご予約


◉心とからだのバランスをとり戻す◉

cocoyoga:お問合せ / ご予約