top of page

怒るってなんだ?

「ゆかりちゃんって怒らないよねー」と先日から何度か言われることが続きまして。

私、若い頃は ”瞬間湯沸かし器” と言われるくらいにオコリンボだったのです。

なんなら、高校生の頃怒りで気が遠くなって倒れそうになったこともあるし、怒りの感情で電球割っちゃうくらいのTemperでした。えへへ。


それが、なぜ怒らなくなったのか。

まー年齢?笑

それと、気づきが間に合うようになったからですかね。


「怒り」という感情って2次的だったり3次的だったりだと思うのです。


「怒り」になる前には繊細に心が反応しています。


・こうであって欲しかった

・そうしないで欲しかった

・わかって欲しい

・残念だ

・悲しい


そこから発展しての「怒り」。なんだけど、心の反応ってあっという間にぐるぐるっと展開してしまう。

「カチン!」と急にくるように感じるけど、繊細に感じられるようになると「怒り」の前には、「願い」があるのだと思っています。


だから、今では怒ることはほとんどなくて、「あら、ざんね〜ん」とかって笑ってる事が多くなりました。

だって、残念だなーっと思うんだもん。笑


「願い」というのは、私の中にあるものです。

それがその通りになる時もあるし、そうならない時もある。

それはとても自然なことで、お天気の時もあるし、曇りの時も雨がふる時もあるのと同じ。


だからと言って、相手にそれを押し付ける必要はない。

だって自分の中に起こっている反応なだけだから。

で、私の場合は、それを共有したい時、あるいは伝えたいと思う時、そして気が緩んでいる時(えへへ)などに言葉になって「残念」だと言葉にしているんだと思います。


「残念」だと感じる自分が悪いわけでもないし、そのきっかけになった事や誰かが悪いわけでもなく、ただ今自分の心に「残念」だという感覚が湧いてきているだけ。

そして、それを繰り返したくない時にはちゃんと伝えます。

だってそうしないと、また起こる ”可能性” が増えるじゃない。

そしたら、自分にまた「残念」な体験をさせてしまう。

そんなの、もったいないよね。


「起こってもしょうがないけど、起こらなければ嬉しいわ」という感覚です。

相手か自分か、どちらかが我慢するっという感覚は持ち合わせていないので、「残念」の可能性は低い方が私は好みです。


自分が「怒っている」という感情を押し殺してしまう必要はありません。

そしてその前に気づけるようになって「残念」だったり、「悲しい」「寂しい」「わかってほしい」などという思いだって、押し殺してしまったり、見ないようにしたり、変換させたり、しないようにいるのをオススメしたい。


感情って、感じないようにしても無くならないのですよ。

なんなら、体の奥にしまい込んでしまって、発酵しちゃう!笑

そして、いつまでも燻ってしまって、思考を刺激し、何だかんだとそれを理解しようとしたり、自分の成長に繋げようと物語が膨らんで、こんがらがってしまうのです。


だからこそ、シンプルに!

「あら〜ざんね〜〜ん」と笑える間に ”自分の中に何かしらの反応がある” と認めちゃうのがオススメです。反応って自然なもの。無理して無くさなくていい。

だって人間だもの("みつお” 的な。笑)


感情があるから、楽しいと味わえる。

その反対もあるだけです。


誰かを「悪者」にしないように一生懸命になる、優しい人は知らない間に「自分」を「悪者」にしちゃいやすいと思うのです。

自分を責めないようにしましょう。

そして、だからと言って他の誰かも悪くない。


もし似たようなコミュニケーションでの関係性、状況や出来事が繰り返されるようであれば、そこに「前提」があることに気がつけるタイミングかもしれません。


・自分はこんな人だ

・こうであるのが正しい


または、無意識の間に「自分はいつもこうなってしまう」という思い込みはないだろうか?


そういった「前提」って中々気づきずらいのですが、それらは気がつくっというだけでOK!気がついたら、何かをどうにかしなくても、スルリと自分から離れていくことが多いと思います。


さてさて、あなたの中には何か「前提」はあったりしますか?

怒りを感じてもいいんだとまずは自分に許してあげましょう。

そうやって、実践を繰り返している間に、なんだか最近怒ってないなーとなってくるものだと思うのです。


いつでもあるのは自分の中の「反応」だけ。

それを見張るのではなく、宝探しのように、興味を向けてみられるといいなーっと思っております。









◉ありのままの自分に戻る時間◉

mindful esalen:お問合せ / ご予約


◉心とからだのバランスをとり戻す◉

Commentaires


bottom of page