top of page

強張りがあると自然な状態になれない

更新日:3月16日

先月はとっても久しぶりの家族大集合月間。

いつもと違う寝具、いつもと違う生活リズム、自分とは異なった世界観

そんな中に身を置いて、長い移動もあったりで、自分の体もガッチガチになりまして。笑


毎日ストレッチなどはしていたけれど、もうそんなのではどうにもならない

ということで、帰ってきてからマッサージを受けたり

治療家の方の力を借りたり、アーシングをしたり、生活を自分らしいものに戻したりしながら、やっとこいつもの自分の体に戻ってきた感じがしております。


そして気がついたのは、やっぱりガッチガチだとコアが使えない!ということ。

コアが使えないから、余計なところに力が入ってしまう。

余計なところに力が入ってしまうから、歪みが助長されてしまう.....。

あー、残念なスパイラル。


だからこそ、まずは緩むっというのが大切なのですよねー。


自分の軸を知っていると、緩んだら、自然と軸が使えるようになる。

軸が使えるから、無駄に力が入らない状態を保つことができる。


これって心も同じよね。


大阪にいる間は毎日家族にマッサージをしておりました。

みんな面白いくらいにガッチガチなんですもん。

そして、実はそのガッチガチを大切にしていたり、必要としていたりもする。笑


そんなはずはないよ!

ガッチガチの体ってとっても辛いし、痛かったりもするし

ガッチガチにならなくてすむならそうしたいっと考えていても、体や心がそれを求めている限り、どんなに緩めようと、翌朝には戻ってしまうものなのです。


そして、姿勢の問題かなーなどと思考を巡らせ、姿勢をどうすればいいのか

聞いてくれるのだけど、変なところに力が入るので、ナチュラルな姿勢が取れません。


え?遊んでるの?っと言ってしまうほど、こちらを凹めると、こちらが出てきて、

なんだかヘンテコな人形みたいになっちゃうの。

もう最高でした!あははは。


そしてこれも心も同じだよなーっと感じたのです。


本来の自分の心を知っていると、何かの環境によりこわばったり、反応したりしても

リラックスできたら、ちゃんと元に戻ってこれる。

居心地の良い、力まずに健やかにいられる自分らしい状態の心のあり方という本来の場所。


でもこれが、長く蔑ろにしてしまって、わからなくなっていると、

自分を感じるため、あるいは自分が生きていると感じるため、そして自分の思考による自分の価値を守るため、作り上げた自分でいようと力が入り、脱力の仕方がわからなくなってしまう。


脱力してしまうと、自分が自分でいられなくなってしまうのではないかという

無意識の不安、恐れがあるので、力を抜くことができない。


力を抜くことができないから、いつも頭の中が慌ただしく、慌ただしさはもっと強い慌ただしさを招いてしまい、余計にリラックスができなくなってしまう。

リラックスできていないのに、ストレスを感じないようにしようとするから、益々へんなところで頑張ってしまって、ヘンテコな人形みたいに、思考によってコントロールが必要になってくる。


誰にどう見られるか、誰がどんな反応をするのかが大切になって、自分軸からどんどん離れてしまい、それが ”普通”  ”当たり前” のことだと信じてしまう。

そして益々力を抜くチャンスを逃していく....という体と同じスパイラル。


ぎゃー!勿体無い!


体にしても、心にしても、まずはリラックスすること、

無駄な力を抜くことの大切さですよね。

そして、力が抜けるからこそ入るようになるコアの自分軸。


力で力をコントロールするのではなし、思考で思考をコントロールするんじゃないっというところ。


久しぶりに体がガッチガチになって、コアが入らなくなったからこその改めての気づき。

久しぶりにどっぷり思考の世界にいる人たちと一緒にいたからこその改めての大切さ。


誰が何を大切にしているかはその人次第なので、そこはそれぞれの選択であり、それをそのまま大切にする尊重と共に、自分を再確認できたガチガチ体験でした。


さて、不自然な強張り、ありますか?

まずはそこから自分とコミュニケーションしてみましょう♡








◉ありのままの自分に戻る時間◉

mindful esalen:お問合せ / ご予約


◉心とからだのバランスをとり戻す◉

Comentários


bottom of page