• cocoyogayukari

動画講座を作って

5月の初めくらいから、動画による「感じるマインドフルネス」っという

講座の制作がはじまりました。


対面でしか行ったことのない瞑想講座。

それがコロナの影響でオンラインを始めたのが去年。

オンラインでどんな風に伝えられるんだろう。

それって可能なのかしら?っと始める前は疑心暗鬼だったのが

自分がオンラインでいくつかのクラスを体験してみて

これは!リアルとほぼ変わらない!!っという実感を得て

オンラインを始めたのです。


それが今度は動画の講座。

これまたやったことのないチャレンジです。


オンラインであれば、お伝えさせていただいている受け手の反応や

空気感を感じることができます。

でも動画でっということは

どなたが、どんな動機で、何を求めて瞑想をしたいっと感じていらっしゃるのか

全く想像もつかない相手に伝えることになります。


私はいつもその人のその時に合わせてクラスや講座を展開しているので

同じテキストを使っていても毎回クラスは違います。

もちろん、根っこは同じ。

でもアプローチが違うんです。


ブッダを例に出してしまうのは恐縮でとってもおこがましいですが

ブッダだって対機説法。

その人によって時には正反対のことを言葉として表現していたっと言います。

その人の今の受け取りを感じ、伝わるように伝えたい。

学ぶことが返って苦しみを生んでしまわないように。

心が軽く、そして本来のご自身らしく生きるヒントをその方が見つけられるようにっと

そこを大切に思っています。


で、動画講座!

難しかったー。

根っこは継続コースのテキストです。

でも、それをどんな方が見てもなるべく誤解のないように。

受け取り方はもちろん、受け取り手のものですが

その用意をするのは、私の役割。


繰り返し、実践をしなければ

なるほどっとなる事はないので、繰り返しができるような伝え方をしたいっというのが

私の望み。

そう私の勝手な私自身の望みです。


ものを生み出すっというのは、お腹をえぐるような体験をするっと

昔舞台の制作に携わっていたときに体験していたのをすっかり忘れておりました。

いつも慣れ親しんでいる内容だし、テキストあるしっと気軽に考えてしまっておりました。

とほほほほ。

今回も漏れなくえぐって参りましたよー。

まー。以前の舞台の頃と違ったのは、私が実践者となっていること。

ですので抉り方が違います。

よかったー!

生存確率グンっとアップです!

淡々と向き合うことができる。

それでも、ググッとお腹の奥深くにグリッとえぐるこの体験。

もしや、マゾ?っと思ってしまいましたー。

あはははは。

真剣ですが、深刻ではないので産みの苦しみっという程度。

私がどうのこうのっというドラマにはまり込むのではないので

実は充実の時間となっているのです。

どんな向き合い方をするのか。あり方の確認もできました。


この生を終える時まで、そうやって向き合うっという経験を楽しみ

味わい、繰り返す。そんな遊びなのだと思っています。

鬼ごっこだって本気でやった方が断然楽しいですもんね!

終わった今だから言えます。


あーーーー!楽しかったー!!!

最高に楽しかったです!


っというわけで、えぐった私の内臓付き!っというのは冗談ですが

今の私がお伝えできることを詰め込んだ

そして受け取り方はあなた次第!っの動画講座の販売が始まりましたら

またこちらでお知らせさせてくださいませ。













◉ありのままの自分に戻る時間◉

mindful esalen:お問合せ / ご予約


◉心とからだのバランスをとり戻す◉

cocoyoga:お問合せ / ご予約