健康的な食事?

さて、タイトルを見てどんなイメージが湧きましたか?


マインドフルネス継続コースでは、

心を健やかに保つためや、瞑想に取り組みやすくするための

いくつかのヒントをお伝えしています。

その中で、体が健やかで苦しみが少ない方が

やはり瞑想に取り組みやすかったり、

心に苦しみが生じにくいよねっとお伝えしています。


これはもちろん今何かの症状に苦しまれていらっしゃる場合

そのままで心の苦しみから解放されないよっという意味ではありません。

実際、私がお世話になったタイのお寺には

首から下が全く動かせない状態にいながら

心を健やかに、多くの人に苦しみからの解放にについて

お伝えされていらっしゃった方がいます。

どんな状況であっても、心は自由になるのですが

体に痛みがあると、それだけで心が囚われてしまいがちです。


話を戻してみますね。


健康的な食事っと言われると

みなさんはどんな食事をイメージされるでしょう?


継続コースの中でこの質問をすると


・ベジ

・ビーガン

・なるべく添加物を取らない

・甘いものを控える

・本などで情報を得たもの


などなどのお答えをいただくことが多いです。

誰かにとっての健康的な食事

果たしてそれは自分にとっても健康的と言えるでしょうか?


私はいつも、誰かの情報に振り回されるのではなく

自分の体が欲しているものがわかるようになりたいよねっということをお伝えしています。


体が欲しているもの。

それがわからなくなってしまうから、誰かの情報に振り回されてしまうのです。


知識を得ることは全然悪くないし

何かの食事療法にチャレンジしてみるのもとっても良いと思います。

そして、どんな感じがするのかを体とコミュニケーションをとってみましょう。

それが自分の体が喜んでいるのか

逆に体が動きづらい状態になっていないか

その「良い」されている情報に思考ががんじがらめになっていないか、

ちゃんと自分で感じてみれるといいですよね。


今情報が溢れる環境にある私たち

住んでいる場所や人種や体質によってきっと違いもあると思います。

時代によっても体に良いとされるものも違います。

そんな情報に振り回されず、自分の体が欲するものを信じていたい。

ちゃんと体は知っています。

添加物をたくさん食している時と

それらをなるべく避けた時での体の感覚を感じてみましょう。

そうすると、自然と何が体が喜ぶのか感じられると思います。

添加物をとっている時の方が体が軽いと感じたら

そうすれば良い。

お肉をたくさん食した方が良い人もいるだろうし

あまり取らない方が良い人もいるでしょう。

誰かにとってではなく、自分にとって心地の良い食事が見つけられるといいですよね。


ご自身の体とのコミュニケーション、ぜひとってみてください。

食べ過ぎもなくなりますよ!笑





◉ありのままの自分に戻る時間◉

mindful esalen:お問合せ / ご予約


◉心とからだのバランスをとり戻す◉

cocoyoga:お問合せ / ご予約