マインドフルネスと自己肯定

以前最近よく聞かれるマインドフルネスってなに?っということについて書いてみました。

今日はなぜマインドフルネスで幸福感が上がるっと言われいるのか

ストレスケアになるのかを書いてみようかなっと思います。


マインドフルネスを実践すると

自己肯定感が上がるよっと言われています。


自己肯定感。

そのままの自分をありのまま肯定できるようになるってどういうことでしょう?



それをみていくのに肯定できていない状態ってどんなだろうっというのをみてみましょう。


・理想の自分

・何かを成し遂げた状態

・自分でない誰か

・過去に望んでいた状態


などなど、今ここの自分ではない状態や誰かを目標にしていたり

そのようにありたいと強く望んでいたりすると

無意識のうちに今の自分ではまだまだだっと感じてしまったり

何か物足りないっと思ったり

何かを求め、「今の自分」を否定してしまいます。


っという風にお話をすると

「目標を持って頑張るっていいことだと思うのですが...」

と言われる方がいらっしゃいます。

目標を持って行動するっというのはきっと良いことでしょう。

ですが、その目標や理想に意識を向けるのではなく

今歩んでいるプロセスにしっかりと意識を向けるっというのが大切です。


自然であっても私たち人間であっても

一瞬として同じ状態であり続けるものはいません。

いつでも変化し続けています。

その変化の一瞬をしっかりと味わうこと。

今を感じるということです。


それによって今自分がプロセスを歩んでいるのだと実感できるようになります。

実感をしながら過ごすことによって充足感に気がつきます。



また、自分にとって好ましい状態や出来事だけでなく

理想と比べると歓迎したくないような状態や出来事も

いつでも変化の途中だということを自覚していると

執着しすぎることなく、見守ることができるようになってくるんです。

なんなら、「かわいいな!自分♡」くらいに

見守れるようになります!笑


小さな赤ちゃんがハイハイから

ポテポテとぎこちなく歩き出す姿を思い出してみてください。

きっと私たちはこんな風にいつまでも

真実に気づく歩みへのポテポテ歩きを繰り返しているのではないでしょうか。

焦る必要はありません。

どこまで行っても深い気づきへてのポテポテ歩き。

そのポテポテをしっかり経験するら

安定した足取りで歩くことができるようになるんです。

そして安定できるようになったら

また深い気づきへの新しい歩みにつながる。


そのために、今っという瞬間の自分を味わいそのままにしてみる。

そのままにしてみられるように瞑想で心を育むっというのが助けになるのだと思います。






 

◉ありのままの自分に戻る時間◉

mindful esalen:お問合せ / ご予約


◉心とからだのバランスをとり戻す◉

cocoyoga:お問合せ / ご予約