• cocoyogayukari

ドラマから自由になる

今まで生きてきた中で経験したこと


生い立ち、親との関係、親戚の中での居場所、友人関係、

配偶者やパートナーシップでの経験、職場での立場、

子供を持つことで経験したこと


きっと人それぞれ今まで生きてきて経験したことって違うから

今の自分に影響を及ぼしたものが違うはず。

その影響の中に生きていること、それを私はドラマの中に生きるっと表現しています。


このドラマの中にいると「犯人探し」をしてしまうことがあります。

・こんな風に私が感じ / 反応するのはこの影響があるからだ

・この影響は誰々が私をこんな風に扱ったからだ

・人は自分で経験を引き寄せているってことは自分が原因なんだ


それが親だったりパートナーだったり、時には自分だったりと

「誰か」悪者を作り出すことで、知らず知らずに自分の心を思考で

納得させることをしていたります。

納得することがなぜ必要かというと、それは今の自分の心を守ため。

だから仕方がないのよっと、心の奥深くで自分を納得させて

今苦しむ理由を作り出し、思考で片付け、心を守っています。

そして、それが自分のキャラクター(役)だと思い込んでしまうのです。


そうすると、そのキャラクターを通して物事をみたり経験したりするようになり

また「ほらね、やっぱり私にはこんな事が起こるのよ」っと現実を捉えて

キャラクターをより確固としたものにします。


それが苦しかったり辛かったりして、どうにか捉え方を変えようと

思考でコントロールをしても、心の奥底でそのドラマの中のキャラクターでいる間は

そのループから離れることができません。

だから余計に苦しくなってしまうのですよねー。

残念!!


マインドフルネスで今の自分に気づきましょうっとプラクティスするのは

そのドラマのパターンに気づいていくことでもあるのです。

気づかないものは、手放せないですものね。

まずはパターンに気づく。

そして、自分が請け負っているキャラクターに気づく。

犯人としているものに気づく。

それは時に出来事だったらり、誰か特定の人だったりもします。


なるほど、私はこれを犯人に仕立てて、こんなドラマを作っていたのだと

ありのままに見ていきます。

それを新しい解釈をしようとせず(新しい解釈ってただの新しいドラマですから!笑)

ただただ観ていくのです。

自分の心が育つまではその観ることが辛い時もあるかもしれません。

そんな時は無理をせず、プロフェッショナルとご一緒に観て参りましょう。

そして、プラクティスが深まると共に、そんな「観る」っということを

リラックスした状態でできるようになってくるまで。


ここまできたらもうこっちのもんです!


思考から離れ、リラックスした状態で観て感じるっというのがポイント。

自然とそのドラマへの執着が解け、もう犯人も必要なくなってきます。

悪いのは、誰かでも自分でもない状態。

今まで囚われていたドラマの解釈も変わり、

過去の出来事はそのままでも自分を枠組みに閉じ込め

苦しめていたドラマから開放されていくのです。













マインドフルネス継続コース、4月スタート期は2つ。

ピンときた方はぜひご一緒いたしましょう!


4期:日曜コース

講座:4/25・5/9・23・6/13・27・7/11 

時間:13:00〜16:00

メール講座:5/2・16・6/6・20・7/4・18・25

5期:月曜コース

講座:4/26・5/10・24・6/7・21・7/5 

時間:10:30〜13:30

メール講座:5/3・17・31・6/14・28・7/12・19


(詳細はこちらからご確認いただけます)

◉ありのままの自分に戻る時間◉

mindful esalen:お問合せ / ご予約


◉心とからだのバランスをとり戻す◉

cocoyoga:お問合せ / ご予約