top of page

それぞれの感じるマインドフルネス

ここ数年毎日働くこと、体に触れたり心に触れたり

そしていらしてくださる皆さんの変容を拝見する喜びの時間が多かったのですが

なんだか先の予定がいくつか出てきて、今年らしい年間予定ができてきました。


もちろん今年も例年通り、皆さんの変容をご一緒させていただくことに変わりはないのですが、時間の使い方がちょっと違ってきている感じです。

そうやってちょっとずつ変化していく楽しみ。満喫です!


さてさて、今日は昨日濃厚に過ごしたコミュニケータートレーニングの私の感想をシェアしてみようと思います。


感じるマインドフルネスのコミュニケータートレーニング(いわゆるティーチャートレーニング)は基本プライベートで学びます。

だってみんな違うんだもん。


一辺倒のシークエンスやテキスト読むだけの講座ができるようになるだけなんて、今の時代、そんなのはyoutubeさんがやってくれるじゃないですか。

人が人と一緒に過ごし、お互いの体験を通して気づき合える。

それが講座の恩恵でもあると思うのです。


実際、私がヨガや瞑想を伝え始めて20年ほど。

常にどうやったら伝わるだろうか、それは本質からずれていないだろうかと、試行錯誤してきたことが、今の講座やコスモフルネスという仲間との繋がりとなっているのだと思うのです。

言ってみれば、いらしてくださる皆さんに育てていただいたのです。ありがたい〜!


コミュニケータートレーニングを終えるということは、そこからまたその人らしい伝え方が深まっていくスタート!


誰も私と同じでなくていいし、同じになんてなれない。

みんなそれぞれ違うから良いのですもの。

同じだったらその人がコミュニケーターにならなくても良くない?笑


その人らしく伝えられるからこそ、そこにぴったりの方に響き、がいらしてくださるのです。きっとそれは私1人で頑張っても届かなかったところへ、マインドフルネスの恩恵を新しいコミュニケーターだからこそ、届けてくれるという最高のギフト!



さて、コミュニケータートレーニングは研修コースを開催していただきます。


実際に伝えてみることの大切さ。

それによって、「わかっていると思っていたことが実は曖昧だった」ということが浮き彫りになってきたりする。


そして、自分の言葉で伝えてみるって慣れていないとドキドキもするのですよー。


このトレーニングが終わったら、いつでもどこでも伝えることができるよっというところまで学んでいただければと思っております。だからこその研修コース。


こちらの写真はデモクラスの様子。

いざ研修コースを開催するとなると、どうやって伝えるのか、“開催しなきゃ” と考えるだけでドキドキがマックスになったり、不安になったり、頭が真っ白になったりしちゃうもの。

なので、研修コースの前にご希望があれば、デモクラスで練習します。


基本、プライベートで学んでいても、同じコミュニケーターを目指す仲間がそんな時には協力し合いフィードバックをもらったり、誰かのデモクラスを通して自分のクラスに反映したい事に気づいたりと、お互い様の学び合い。


ここまで、2つのデモクラスを受けさせていただきました。

私が書いたテキストですが、着眼点が違う事によって新しい発見があったり、コミュニケーターの方の心に響いたことが違うからこそ、内容に少しづつ個性がでたりと、とても面白いかったです。

本髄がずれていなければ、それがそれぞれの感じるマインドフルネス!それでいいし、それがいい!


とっても素敵なお時間でした。


公募での研修コースの開催がある時にはこちらでもお知らせできれば!と思っております。

そちらもお楽しみに〜♡



 

◉ありのままの自分に戻る時間◉

mindful esalen:お問合せ / ご予約


◉心とからだのバランスをとり戻す◉

Σχόλια


bottom of page