その判断、ベースはどこにありますか?

最近、判断をすることが増えている気がします。

っといっても私たちは毎日たくさんの判断を無意識に行っています。

何を食べるのかっといったいった選択していることに気がつきやすいことから

道の右側を通るのか左側を通るのかっという無意識に選んでいるもの

どんな風に時間を過ごすのかっという一瞬一瞬の判断まで。

えっ?それも判断なの?っというものも

自分で選んでいることを自覚すると

毎日の生活はグッと変わってきます。


でも最近は少し心が囚われやすい判断が多いですよね。


外食する?

誰かに会う?

お散歩してもいい?

1人だったら美術館に行ってもいい?

ワクチンどうする?


さてその判断、何がベースになっていますか?


恐怖?

それとも思いやりや愛かな?


それによって自分の中にストレスができるか

あるいは安らぎを感じるかが変わってくると思うんです。


誰かへの思いやりっと表層では思っていても

その奥に恐怖があって、それに気がついていなかったら

ストレスを生んでしまうよね。

だって怖いんだもん。

恐怖ってなんだか感じちゃいけないもののように思ってしがちですが

感じられるから私たちは燃えている火の中に手を突っ込んだりしないし

危ない場所に近づかないですんでいるんです。

恐怖って大切な感覚。

なのに、感じることは弱いことっとかネガティブっといった

価値観が自分の中にあると

それを誤魔化してしまって、感情の上塗りをしてしまいます。

そうすると、知らない間に優しさの押し売りをしてしまったりして

自分の思い描く反応が受けられない時に

ジレンマを感じたり、自分を犠牲にしたのにっという感覚が出てきます。


対策は本当に自分が感じている感覚に気づくこと。

怖いっという感覚があるならそれを受け止めてあげられると

自分に優しく向き合うことができます。

誰かにどんな風に思われるかっということよりも

素直に自分が感じていることを大切にできると

誰よりも自分を理解して包み込んであげることができるから

安心感が生まれるんですよね。

それを受け止めた上でした判断は自分のためなので

他の誰かにそれを肯定してもらう必要もなくなります。



愛をベースにした判断の場合、

もう根底が愛ですから!

そこに揺らぐ要素なんてありません。

だから安心してその判断の中にいられます。



いかがでしょう?

皆さんの判断。

何をベースにしていますか?

そしてそれに気がついていますか?



どんな判断もその時の自分が出したベスト。

誰かと違ってもいいと思うんです。

誰かのための判断ではなく、自分のために。

そして誰かが出した判断も同じようにその人のためにその人が出したベスト。

そこが分かり合えれば、きっと優しさが循環していくよね。














 

◉ありのままの自分に戻る時間◉

mindful esalen:お問合せ / ご予約


◉心とからだのバランスをとり戻す◉

cocoyoga:お問合せ / ご予約