しがみつかない

心のことを学んだり、瞑想を実践したり

スピリチュアルな世界を垣間見たりしていくと

「早くわかりたい!」だったり「わかった人になりたい」っという

願いが刺激される事があります。


一緒に学ぶ仲間の体験や気づきを聞いたりしていると焦ってしまったり

先(本当は先も後もないんだけど)を進むような人の話を聞いて

自分の経験だと勘違いしてしまったり、

自分が長く苦しんでいたことに対しての気づきがあったりすると

「わかった!」っとなりやすいですよね。


それを垣間見ただけであっても、それは紛れもない体験。

だから間違いなく「わかった」のです。


でもそこにしがみ付いてしまわないでいたいです。


取り組んでいた時間が長ければ長いほど

「わかった!」体験ってしがみつきやすいんじゃないかな。


自分を変えようと頑張ってみたり、誰かにわかってもらおうと

努力しても変わらない。

そりゃーそうです。

本心は変わっていないのに、表向きだけ変えようとしても

それは誤魔化していただけ。

でも視野が広がり、自分の小さな枠を超えて見る事で

今まで受け取っていたもの、「自分がこう扱われている」「こんな風に思われている」

と言った考えは、勝手に自分が作り上げていただんだと気づくことができます。

この視点が変わって「気づく」っという体験は、結構強烈。

強烈だからこそ、しがみ付いてしまうんです。


でも、そこにしがみ付いてしまうとそこまでになっちゃうのです。

ザンネーン!!


池を想像してみてください。

その池から水が流れ出る事がない、溜池。

溜池、ずーっと水を溜めっぱなしになるとどうなるかしら?

せっかく溜まった水はだんだん澱んで腐ってしまうんです。


気づきも一緒。

体験が深まり、気づきがあっても

そこに留まってしまわないようにしたいものです。

その気づきの体験はその時のもの。

それはきっと「今」の「あなた」にとっての真実。

そこからまた体験が深まると「その時」の真実に辿り着きます。

気づきってどんどこ深まって、さらに理解が深まるのだと思うのです。


だから、どんなに強烈な体験であっても

それはその時でおしまい。

どこまでも深めていける、とっても面白いものなのです。


「わかった」体験。

ついついしがみつきたくなるかもですが

ぜひ、その体験を大切にしながら、水が流れるように

気づきも流れに任せてみてください。

どんな気づきにつながるか、楽しみでしょ?♡





◉ありのままの自分に戻る時間◉

mindful esalen:お問合せ / ご予約


◉心とからだのバランスをとり戻す◉

cocoyoga:お問合せ / ご予約