お金とマインドフルネス

まだまだ続く◯◯とマインドフルネス。

ちょっと飽きてきた気もするけど...笑

書いていきます。

飽きてたら、教えてくだされませ。

えへっ。


生活をしていくのに切っても切れない経済活動。

その為に生きているのではない。

それでも、全くないと食事もできない。

自分の学びたいもの、経験したいこともできない。

だから、やっぱり大切なもの。

マインドフルネスって心のことだから

あまりこういった物質的なことと絡めて書いているのって少ないかもしれませんが

「心配」や「自己受容」に関わることだと思うので取り上げてみます。


お金って無意識になってしまうととてもパワフルだと思うのです。

だから欲してしまう人もいる。

逆に毛嫌いしてしまう人もいる。

方向性は反対でも、どちらも捉われているってことですよね。


そして、自分の価値をどれくらいのお金を持っているのか

稼げるのかっということで測ってしまう人もいる。

それくらい、わかりやすくて翻弄されやすいのだと思います。


さてさて、これを読んでくださっている方の中に

お金の為に生きていますっという方はいらっしゃるかしら?

もちろん、それもOK!

自分の大切にしたいことがわかっているってとても素敵と思うのです。

でもそういった人は、今日はこれを読まなくてもいいと思う。

だってそれだけはっきりしているんだもの。

他の価値観に振り回される必要はないよね。

よっしゃ、私は金の為に生きるぜっと胸を張っていいましょう!

えへへ。


そして、それ以外の方。

お金、必要だし、もしかしたらもっと必要っと思っていたり

どうやってお金と付き合ったらいいのか

振り回されたくないのに振り回されちゃうっという方

ヒントになれば嬉しいです。


私だって、お金は必要。

でもいつからか振り回されなくなりました。

っというお話をすると、どうやって?っと聞かれます。

ねっ!笑


まず、必要な分はちゃんと巡ってくると信じられるようになったっというのが

大きいと思うのです。

それまでは「自分で頑張って自分で働いた分だけ受け取る」のだという感覚が大きかったり

「これだけしか稼げない自分はまだまだ未熟だ」っという感覚もあった。

だから「もっと頑張らなきゃいけない」っとも思っていました。


今必要な分はちゃんと巡っているっという感覚を味わうことができると

必要以上にまだここにない未来への不安は薄れます。

でも、まだここにない未来に心配があったり、信頼できていないと

それは「まだ足りないかもしれない」っという心配へと繋がってしまいます。


それは、将来に無責任になったらいいよねっというのとは違います。

ちゃんと、今できることを「怠惰」になるのではなく行動する。

それは人生のステージによって違います。

だから、一概にこれだけの時間を働きましょうとかこれだけ稼ごうっとかって言う

基準を作ること自体、当てはまらない。


はっきり言って未来のことなんてわからない。

10年後の社会のお金の価値(物価)だって違う。

なのに、どうして今と同じ社会が続く前提でいるのかしら?


未来が心配で、今を未来の為に生きる人は

未来もまたその先の未来の為に生きています。

そうするとどこまで行っても、今を生きることができない。

だから、今がお留守になってしまって、充足感が感じられず

充足感が感じられないから、まだまだ必要っと感じてしまう。

嫌な感じのスパイラル。

ひょえー!


じゃあ、いくらあったら安心?っというのを自分に聞いてみましょうか。


1,000万円貯金できたら安心?

いいえ、1,000万円あったら安心だと思っている人は

今度は1,000万が通帳に記載されると、それではまだ足りないっと感じるのです。

そして2,000万円になったら安心だろうと今度は2,000万円を目指します。

2,000万が貯まったら、今度は5,000万円くらいないと安心できないっと

数字が大きくなります。

そして5,000万円できると......っと続くのです。

そして気がつきます。

数字じゃなかったって。


今ここで必要なものを手にしていることを実感すること

それが「安心」や「信頼」に続く近道です。

必要以上の「心配」はあなたを取り巻く空気感に滲み出ます。

そしてその空気感に見合った働き方となり

その働き方に見合ったものをお金という物質を通して受け取ります。


反対に自分に必要なものはちゃんとここにあるっという

「安心」を感じていたとしましょう。

そうすると今度は「安心」があなたを取り巻く空気感に滲み出ます。

そしてその空気感に見合った働き方となり

その働き方に見合ったものをお金という物質を通して受け取ります。

どう?受け取るものが違ってきそうな感じ、想像できるかしら?


「心配」っている?



そして、次に自分の価値を「収入の金額」を通してみてしまうっという場合。

自分をそのまま「命の存在」として「価値あるもの」っという実感が薄いと

どうしても、どんなものを持っているのか、どんな地位なのか

どんな職業なのか、どれくらいの収入があるのかっということを

自分の「価値」として判断してしまいます。

これを「同一化」っと言って、自分自身のありのままの価値ではなく

自分を「形容」しているものと一緒になってしまっている状態ですよっと

マインドフルネスではお伝えしています。


「収入の金額」が多いから自分に価値があり、

少ないと自分に価値がないっという「価値観の刷り込み」が原因です。


でも、私たちの価値は「金額」で測ることはできません。

命そのものが素晴らしい価値のある存在なのです。

シンプルに言ってしまうと“勘違い” !笑


自分の中にそんな「価値観」があるのだと知ると

その価値観を採用し続けるのもいいし、そこから離れるのもよし!

自分にとって何が大切なのかを知ると

今自分が縛られることを望まない「価値観」から自由になる一歩になります。


なんて、書いているとまたまた長くなってしまいました!

お金の正体について、次回は書いてみようかな。

(私の勝手な解釈ですが!笑)

えへへ。





◉ありのままの自分に戻る時間◉

mindful esalen:お問合せ / ご予約


◉心とからだのバランスをとり戻す◉

cocoyoga:お問合せ / ご予約