お泊まり会報告①

あっという間に1週間が経ってしまいました!

お泊まり会のご報告をするねっと書いておきながらそのまま放置!笑

いやいや、気が向かないとできないっというかやらないのです。

あはははは。

ご容赦くださいませー。


さてさて、フラワーサークルを囲んで始まったお泊まり会


みんなで輪になって

心の声について

自分の内側に軸を置いて

言葉にしてみる

その言葉を思考でなく

今感じていることにしてみるっという

提案から始めてみました。




日常生活で習慣となってしまっている「思考」を話すっというのを

このお泊まり会の間は脇に置いてみよう。

自分が感じていることをそのまま言葉にしてみようっという提案です。


そうすると途端に言葉が出てこなくなることもあります。

これは思考なのか、感じていることなのか。

自分でもわからないっというのは、よくあることだと思うのです。


脳って不確かなことをそのままにするのという不安定感が苦手だから

すぐ言葉にして理解しようとしてしまうのですが

そうすると頭ではわかっているけど腑に落ちていないっという状態になりがちなのです。

腑に落ちていないから、似たような現象の中で毎日を繰り返してしまう。

これを変化させるには、感じてみる。

その感覚をすぐにカテゴライズしてしまわずに

言葉にして納得させてしまわずに

じっくりと味わってみる。

そうすると、内側からその感覚や違和感が湧き上がる要素が見えてきます。

慣れるまではサポートも必要かもしれませんが

誰でもちゃんと観れるようになってきます。

必要なのは慣れ。そして慣れるまでやめないこと。

それだけです。


内側に行けば行くほど、とってもシンプル。

そのシンプルさに到達するまで

自分っというフィルターを少しづつ取っていく作業が気づくっということなのです。



あれっ?

報告でなくなってきた!

やばいやばい!!


お泊まり会の報告に戻りましょう!

えへへへへ。


さて、言葉を使ってそれぞれの今を聴いたら

そのまま瞑想実践の時間です。




まずはお泊まり会をリラックスして自分でいるために

シャバーサナ(屍のポーズ)で体い意識を向けることから始めてみました。

もう今ここに必要のない力みを手放して

呼吸を使って体をニュートラルな状態にして

そこからありのままの瞑想へと繋がっていく時間でした。




ここで自分の意識の奥の場所で何かを感じ、涙が流れる方もいました。

ハートが震えるってこのことですよね。

きっと何かを考えてっとか、思い出してってことではないんだと思います。

ただただハートが震えて涙が流れる。

私も経験あります。

ドラマ・自分物語による涙ではなく、そのまま開け放してみることで

自覚できる意識の層ではないところが反応するっということ。


ちゃんと自分の腹を括っていらしていただいたんだなっと感じました。

自分が向き合うことに対して、すでにハートの奥深くが反応している。

ほんと、覚悟って大切♡


あれ?あれれれれ?

オープニングのサークルのお話しだけで長くなってしまいそう。

続きは次回にいたします。

もう少し、お付き合いいただけたら嬉しいです。

 

◉ありのままの自分に戻る時間◉

mindful esalen:お問合せ / ご予約


◉心とからだのバランスをとり戻す◉